ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

システナ(2317)

増額修正で最高益更新に弾みがつく見通しとなったのに、株価は安値まで売られています!

昨日の日経平均株価は大幅高し2か月ぶりの高値を回復しましたが、売買代金は2兆円ギリギリ。後場からは値幅がほとんどない方向感に欠ける動きでした。
売り方の買い戻しや指数に絡んだ売買で上げている面が強く、新規のマネーは入っていません。暫くは慎重なスタンスが必要です。
本日は好決算ながら売られた銘柄。

2/4発表した2018年4~12月期決算は売上高430億円(前年同期比10%増)、経常利益50.49億円(同36%増)と好調なものでした。通期では売上高560億円(同3%増)、経常利益57.14億円(同11%増)を予想、最高益を見込んでいると発表していました。
投資家はこれにウリで応えました。増額修正がなかったことが原因ではないかと思います。前日には決算期待の買いも入っていました。
その後、2/7に売上高を560億円→574億円(同5%増)に、通期経常を57.14億円→65億円(同26%増)に増額修正、最高益更新に弾みがつくと発表しました。
これを受けた翌8日は出来高を伴ってさらに下落、1023円の安値まで売られる動きになっていました。

理由はよくわかりません。
相場はある意味、勢いですから、それがなくなったからかもしれません。
でも凄い出来高です。売りたい向きはあらかた売ったのではないかと思います。
その後の動き(出来高が減っている中、上げています)からもそれは分かります。

2/8はテクニカル的に「超」売られすぎ状態となっていました。当日の1023円が多分、底だと思います。
全般相場が戻している中、出遅れが目立ちます。
ここからの下値リスクは乏しいとみられるので、ここは狙い目でしょう。
信用倍率は6.43倍と買い長で買い残が127万株ありますが、「貸し株」も61万株超出ています。需給はそう悪くありません。

(18日株価1132円+3円) 買いゾ~ン1200円まで 見切りライン1022円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制