ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > シコー技研(東マ6667) 

注目の厳選銘柄

シコー技研(東マ6667) 

 業績は急速に回復しているのに株価は下げ止まりません。出来高が細っている中で下値を切り下げていますので、買い物が入らない中を下げているということになります。一昨年来の株価下落で個人投資家のリスク許容度が低下し、割安でも買いが入らない状態になっています。しかしこうした状態がいつまでも続くはずはありません。
 決算期は12月。集計中の前12月期は売上高90億円(前期比38%増)、経常10億円(前期比127%増)と急回復したもよう。今期は一段と好転する見通しで、会社四季報では5割増益予想、日経会社情報では6割増益を予想しています。
 好業績と成長性の高さから上場した04年8月に573万円(分割調整後では19100000円)まで買われた実績がありますが、それが本日には10分の1以下の178000円まで売られてしまいました。株価急落の原因となった赤字転落から立ち直り、業績は07/12期以降急ピッチで回復しているわけですから、いまの株価は明らかに売られすぎだと思われます。
 同社株を保有しているすべての投資家が損失を抱えているため戻ったら売られる動きが続くとみられますが、買い場が近づいていることは確かでしょう。きっかけさえあれば一気ではないかと思われます。ただ割り切って買える方向きの銘柄で、リスクを避けたい方は大陽線を確認してから参戦しても遅くはないと思います。(株価182000円-5000円 見切りライン150000円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制