ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > サーバーワークス(4434)

注目の厳選銘柄

サーバーワークス(4434)

今2月期はV字回復予想。底入れ反転の動きに変わったここは狙い目!

本日はサーバーワークスです。
米アマゾンのクラウドサービス「AWS」の導入支援、保守業務を行っており、凄い成長が続いています。
それを評価し昨年大きく上昇、4月に上場来高値の11200円を付けました。その後、調整を入れ、再度反転しましたが、11200円は超えることのできない壁となっています。
行き過ぎの反動からでしょうか、7月からは一転売りに押される動きとなり、下げが半年も続きました。
しかし12月の3860円を底に動きは変わっています。
高値からの下落率は65.5%。これ以上は下がらないとされる「半値八掛け二割引き」水準まで下げたので大底は入れたと思います。

下げ止まったかに見えた株価が10月から一段安したのは2021年2月期経常を4.26億円→3.77億円(前期比10%減)に下方修正したのが原因(売上高は80億円(同17%増)を変えていません)。
会社資料をチェックしたら、コロナの影響でプロジェクトの見送りや受注規模の縮小などが発生しているが、一方、リモートワーク環境の導入などクラウドに対する新たな需要が喚起されており、事業の核である「リセール」事業は予想を上回って推移している。ただ東証1部への市場変更に伴う諸費用の発生を見込んでいるため、利益は修正した、と出ています。
減益予想を嫌気して売られましたが、悪い内容ではありません。

経済活動が正常化しつつありますので、今期は急回復が確実。
会社四季報では今期は売上高102億円(同27%増)、経常利益6.20億円(同64%増)とV字回復を予想、2期ぶりに最高益を更新するとしています。
2月の下落は小型株の地合い悪化が響いただけだとみています。
チャート的には2番底を形成していますので、ここは狙い目でしょう
MACDは既に底入れの動きになっており、パラボリック指数も陽転(=買いシグナル点灯)4日目となっています。
信用買い残が39.5万株ありますが、「貸し株」も42万株超出ています。需給に問題はありません。

(17日株価4650円+90円) 買いゾ~ン4750円まで 見切りライン4119円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制