ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

サイボウズ(4776)

大幅増額修正を発表、最高益更新に弾みがつく見通しです。調整一巡感が出つつあります!

7/29紹介した時は見切りライン割れとなりました。再度の推奨です。
今回の決算プレーでは好決算でも売られる銘柄が目立ちました。同社株の場合、織り込み済みだった可能性が考えられます。
ただここへ来て動きは変わっています。7月高値から20%超下落したので、調整一巡感が出てきたのではと見ています。


7/29に紹介した時は、2020年12月期売上高を151~154億円→154~157億円(前期比14~17%増)に、経常利益を13.86~21.86億円→20.28~27.28億円(同12~51%増)に増額修正、最高益更新に弾みがつくと発表したことが手掛かりとなりました。
売り上げ、利益とも下限値をレンジの上限まで引き上げており、予想以上のペースで業績が推移していることを示しています。

8/13発表した6月中間決算は売上高76.70億円(同17%増)、経常利益16.44億円(同31%増)と好調なものでした。
同社は中間期業績予想は非開示としていますが、会社四季報予想が売上高74億円、経常利益13.50億円でしたから予想以上の業績だったわけです。
通期業績は上記見通しを変えていません。

チャート的に調整一巡感が出てきたことに加え、テクニカル的に売られすぎ水準まで下げていたこと、パラボリック指数が買いシグナル点灯2日目となっていること、MACDが買いシグナルを発していること、などからここは狙い目と判断しました。
信用買い残が120.7万株ありますが、「貸し株」も187.7万株出ています。需給に問題はありません。

(20日株価3250円-15円) 買いゾ~ン3400円まで 見切りライン2949円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制