ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > サイバーセキュリティクラウド(M4493)

注目の厳選銘柄

サイバーセキュリティクラウド(M4493)

業績は予想以上で今期も最高益更新見通し。底入れしたとみられるここは狙い目!

東証1部の売買代金が連日で今年の最低を更新するなど相場は早くも夏枯れ状態となっています。
投資家の動きは鈍くなっていますが、本日は銘柄を紹介します。
サイバーセキュリティクラウドです。5/17に紹介し、ストップ高となった5/30に利確しました。
米子会社がWeb Applcation Firewallの自動運用サービス「Wafcharm AWS版」の提供を開始すると発表したことがS高の背景。米サイバーセキュリティ市場は約6.7兆円と巨大で、多くのユーザーが獲得できるとみていたようですが、詳細は不明。タナボタ的上昇だったため、本日と翌日の2回に分けて利確してくださいとしていました。

その後、株価は「往って来い」近い水準まで下落しています。
地合いが酷く押し戻されてしまった、こんな形の下げですが、ここからの下値はそうありません。

昨年3月のIPO銘柄でAI技術を使ったクラウド提供のWebセキュリティサービスを手掛けています。
創業は2010年。急ピッチの成長が続いており2019年12月期から黒字化しています。
規模の経済性が出てきたからでしょう。売上高は2.46億円(2017/12)→4.89億円(前期比98%増)→8.16億円(同67%増)と来ており前期は11.94億円(同46%増)となっています。

2021年1~3月期決算は売上高4.20億円(データがなく比較できず)、経常利益0.92億円(同)と凄い高収益となっています。
会社四季報の中間期予想が売上高8億円、経常利益1.10億円ですから、予想以上の内容。
通期では売上高17.90億円(同50%増)、経常利益2.47億円(同43%増)と最高益を見込んでいますが、進捗率から大幅な増額が必至で最高益更新に弾みが付く公算大です。

テクニカル的には売られすぎとされる水準まで下げていました。底入れはまだ確認されていませんが、7/2の下ヒゲ陽線で入れた可能性があります。
投資指標面で買いシグナルを発しているのはありませんが、ここは狙い目でしょう。
利確した後だったと思いますが、テレビ東京である市場関係者が今後の成長銘柄として、同社やオイシックス・ラ・大地(3182)、プレミアアンチエイジング(M4934)などを挙げていました。そんな会社です。
信用買い残が62万株ありますが、「貸し株」も128万株超出ています。 需給は良好。
売買代金は1.53億円と結構あります。

(6日株価3055円-15円) 買いゾ~ン3150円まで 見切りライン2749円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制