ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > ゴルフダイジェスト・オンライン(3319) 

注目の厳選銘柄

ゴルフダイジェスト・オンライン(3319) 

 逆行高。本日の全面安相場のなかでプラス引けとなっているところはそれだけでも注目されますが、同社株は大幅高といっていい上げになっています。前日終値を1度も割らずに上昇してきた動きは基調の強さを物語るものでしょう。
 上場は04年4月ですが、上場翌々月の438000円(分割調整後)を高値に信じられない下げを演じました。10/9の安値15700円を基準にすると高値からの下落率は96.4%にもなります。業績低迷が背景にあるとはいえ尋常な下げ方ではありません。新興銘柄でここま下げたら立ち直れないのが普通ですが、それを跳ね返し見事に復活してきました。
 業績は前12月期から劇的に改善。前期は4期ぶりに過去最高益を一気に更新する好業績をあげました。今12月期はさらに好転。昨日発表した第3四半期決算では1-9月までの累計売上高が前年同期比45%増、経常利益が同88%増となっています。通期経常は626百万円(前期比8%増)と従来予想を据え置いたままですが、通期の利益計画に対する進捗率は94.4%に達しており、大幅増額修正が濃厚になっています。
 予想PERは増額前のいまでも10.7台と超割安でPBRも1.65倍台。株価はまだ大底圏だけにここは狙い目大とみます。(株価22400円+1600円 見切りライン17900円)


(銘柄フォロー)マネーパートナーズ(HC8732)79700円+8500円

 全面安相場の中でも終始しっかりした動きでした。特に後場は78000円~80000円で拾っていたような動きもみられました。週足も13週線を大きな陽線で抜けて来ました。新値3本足も陽転。来週が楽しみになってきた感じです。本日は同じFX関連のマネースクェア(HC8728)やプラネックス(JQ6784)がストップ高買い気配となっていました。チャートを見ればわかりますが、どれもWボトムを形成して切り返す形になっています。東京金融取引所の為替証拠金取引「くりっく365」は10月の月間取引数量が過去最高になったと発表しています。好調なFX取引を背景に今後も期待出来そうです。

(銘柄フォロー)ドワンゴ(3715) 125000円+17000円

 昨日、08年9月期の連結営業利益を4億円→1億1000万円へ下方修正したものの、その一方で発行済株式総数の10.1%に相当する20000株、28億円を上限とした自社株買いも発表。株価はこれを好感、急騰しました。今回の自社株買いは大規模なものだけに、かなりのインパクトを与えそうです。日足チャートはWボトム形成から上値をトライする動きに変わっています。自社株買いを行うのは14日からですが、押し目があれば買いのチャンスだと思います。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制