ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

ココペリ(M4167)

業績は絶好ともええる状況ですが、上場来安値まで下げてきました。高値からの下落率は77%超となっています!

米国株が急落していますが、本日は買い場ではないかと思います。
日経平均はこの2日間で1100円以上下落しましたが、それは先物に振り回されたものです。予想以上に下げたので、連れ安する場面があったら格好の買い場だと思っているからです。

本日はココペリ。10/20紹介した時は見切りライン割れとなりました。上場来安値の2980円まで下げていたので底は入れたと思っていましたが、決算(11/15発表)を受けて更に下げてしまいました。
地合いが思いの外悪くなっていたので、その時は見切りライン(2979円)には注意してくださいとコメントしていました。
株価は見切りラインからさらに1000円近くも下落、昨日は2007円の上場来安値を付けていました。
高値からの下落率は実に77.2%。公開価格は1600円ですが、すべてのホルダーは損失となっています。

出来高は膨らんでいないので売り圧力は強くありませんが、それ以上に買いが入らないことがここまで下げた原因だとみています。それだけ地合いが酷いということです。
ただ昨日は最安値圏で商いが膨らんでいます。出来高は前場より後場の方が多くなっていますので、大底を打ったのではとの期待からではないかと見られます(出来高は前場6.18万株、後場9.81万株)。

底入れは確認されていませんが、テクニカル的にみたら売られすぎ状態。テクニカル指標をチェックしたら、信頼性の高い指標とされるMACDが12月3日からいち早く底入れの動きに変わっています。
業績は絶好ともいえる状況ですので、ここは狙い目でしょう。
信用倍率は30.08倍と買い長で買い残が47万株ありますが、「貸し株」も88万株超出ています。需給は良好です。

中小企業支援のプラットフォーム「Big Advance」をSAASで提供しており、凄いペースで成長しています。
9月中間期は売上高8.05億円(前年同期比107%増)、経常利益2.62億円(同466%増)と凄い内容となりました。
通期では売上高18億円(同75%増)、経常利益3.60億円(同50%増)と最高益更新を見込んでいますが、進捗率からはみて上振れ期待の高まる内容となっています。
こんな会社の株価が上場来安値まで下げています。

信用買い残が53万株ありますが、「貸し株」も46万株出ています。需給は良好です。
マザーズ銘柄ですが、昨日の売買代金は3.27億円。流動性に問題はありません。

(株価2049円+12円) 買いゾ~ン2200円まで 見切りライン1949円(厳し目に取っています)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制