ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

ゲオHD(2681)

既存店売り上げが順調で好決算期待の銘柄です。需給も良好。決算を機に踏み上げに発展するとみています!

つなぎ予算が成立せず、米国では1/20(土)から政府機関の一部が閉鎖されました。経済活動が正常化する22日からその影響が出る可能性があります。米国株は最高値更新が続くなど堅調ですが、手控え要因となる可能性があります。
今晩の米国株を見たいと思いますので、本日は無理に売買する必要はありません。

昨年10月30日の決算プレー銘柄で、12月4日に利確した銘柄です。決算は今月末に発表されると思いますが、今回は発表前の推奨。
決算を好感して上伸した後、高値で保ち合っています。1カ月半以上ももみ合っていますので、そろそろ上放れておかしくありません。決算がそのきっかけになるのではとみています。

既存店ベースの売り上げは10月が前年同月比13.2%増、11月が2.4%増、12月が15.9%増と順調で、累計では9.9%増。リユース品を扱う店舗の売上高も10月1.5%増、11月7.3%増、12月8.9%増となっており、累計4.7%増となっています。
同社では今3月期は売上高2850億円(前期比6%増)、経常利益135億円(同50%増)を見込んでいますが、全店ベースの売上高は累計10%以上伸びているので、上振れる可能性大。
会社四季報では「会社比強気」とし、売上高は不変ながら経常利益は145億円(同61%増)に拡大すると予想しています。過去最高益は2016年3月期に記録した178億円ですが、相当な業績であることに変わりはありません。

信用倍率は0.33倍と大幅な売り長で売り残は28.6万株(19日出来高の2.2日分)もあります。このほか「貸し株」に出ている株が110.2万株。これは8.8日分の出来高に相当します。
売り方は担がれた状態になっているだけに、上伸の動きとなったら踏み上げに発展する可能性大です。
もみ合いが続いた後の株価はその後、上放れる確率が3割、下放れる確率が7割といわれていますので、見切りラインには注意してください。

(19日株価2177円+25円) 買いゾ~ン2250円まで 見切りライン2099円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制