ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > グレイステクノロジー(6541)

注目の厳選銘柄

グレイステクノロジー(6541)

来2022年3月期はV字拡大予想。底入れしたここは狙い目!

本日はGテクノロジー。3/25に紹介した時は見切りラインを厳しく設定していたため、その日に割ってしまいました。
しかし翌26日は大幅高。そして昨日は全面安商状の中、上昇率10.57%と逆行高。上昇率ランクの第2位にランクされていました。
紹介したのが1日早かったのが響きましたが、見立ては間違っていなかったわけです。

昨日の急伸はJPモルガン証券が投資判断を新規に「オーバーウエイト」としたことがきっかけとなったようです。
同社では技術マニュアル市場の潜在需要は大きく、利益成長を実現できる企業と評価。M&AやAIマニュアルの本格化で収益は大幅な拡大局面にあると評価しています。
前回は「底入れはまだ確認できていませんが…」としていましたが、昨日の急伸で25日の2450円で底は入れたとみられます。
そろそろ3日続伸の反動が出る可能性がありますが、それを考えてもここは狙い目でしょう。

会社四季報・春号のランキング調査で見付けた銘柄です。
2021年3月期も売上高25億円(前期比36%増)、経常利益10億円(同5%増)と最高益更新見通しです。
大した増益でもないのにランキング調査で引っ掛かったのは来期の営業増益率ランキング。
会社四季報では2022年3月期は売上高45億円(今期予想比73%増)、営業利益18億円(同63%増)、経常利益18億円(同63%増)と凄い増収益を予想しています。
なお東洋経済新報社では今期業績についても、売上高26億円、営業利益11億円、経常利益11億円と会社比「強気」の予想を出しています。4~12月期経常が8.46億円(同36%増)となっているため、進捗率からも増額必至とみているのでしょう。

前回は「業績は絶好調ですから、あとはきっかけ、地合い好転だけ」としていました。
信用買い残が49.4万株ありますが、「貸し株」も70.3万株出ています。需給は良好。
PTSは2940円+43円 出来高600株となっています。
なお詳細については3月25日号をご覧ください。

(30日株価2897円+277円) 買いゾ~ン3000円まで 見切ライン2449円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制