ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > キャピタル・アセット・プランニング(東証2部3965)

注目の厳選銘柄

キャピタル・アセット・プランニング(東証2部3965)

業績は好調で最高益更新が続いているのに、大きく売られていました。下げ余地のない水準まで下げたここは狙い目!

業績は好調で最高益更新が続いているのに、大きく売られています。
今年7月の上場来高値からの下落率は65%超。約3分の1になっています。どんなに下がっても半値八掛け2割引き(=68%安)と言われていますので、十分すぎるほど下げたと思います。
テクニカル的には売られすぎ状態となっており、MACDは反転をうかがわせるチャートになっています。
います。

2018年9月期は売上高65.48億円(前期比8%増)、経常利益4.84億円(同48%増)と予想を上回って着地、最高益を更新しました。
今期は売上高67億円(同2%増)、経常利益5.40億円(同11%増)と一段の拡大を見込んでいます。
実はこの決算を受け、ダメ押し的な下げを見せていました(11/12以降の動きです)。
会社四季報予想の今期経常(5.80億円)を下回ったからではないかとみていますが、売られるような業績ではありません。
好調な業績を背景に前期配当は7.00円増の30.00円に増配、今期は5円増の35.00円配を予定していましたが、11/21に更に3円増の38.00円に引き上げると発表しました。
経営の先行きに自信が出てきた証拠です。

下げ余地のない水準まで下がったとみられるので、ここは狙い目でしょう。
信用買い残は14.9万株と過大ですが「貸し株」が15.1万株出ており需給に問題はありません。
昨日は好決算を発表したのに売られた銘柄の上昇が目立ちました。
決算を吟味して買う動きになってきたようです。

(26日株価3050円+20円) 買いゾ~ン3220円まで 見切りライン2789円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制