ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > キャピタル・アセット・プランニング(東証2部3965)

注目の厳選銘柄

キャピタル・アセット・プランニング(東証2部3965)

高値から76%超下げてから反転の動きに変わっています。業績は予想以上。ここは買うしかない、そうみています!

本日は決算プレー初日となりますが、決算ものでいいのがありません。
それで変な決算プレー銘柄です。銘柄はキャピタル・アセット・プランニング。今年1/22に紹介し2/12に利確した銘柄です。
納得できる方だけ買ってください。

昨日、8:30に3月中間期の増額修正を発表しました。
売上高を29億円→34億円(前期比横ばい)に、経常利益を2.10億円→3.40億円(同18%減)に修正しています。
当初予想が14%減収・49%減益でしたから、予想ほど悪化しなかったという内容になっています。
株価はこれを好感し102円高で寄り付き、1658円まで上昇しました。
しかしその後は勢いが続かず、上げ幅を縮小。
昨日の日経平均は59円安でしたが、実態は東証1部の1510銘柄が値下がりするほぼ全面安の展開でしたから、地合い悪化に抗しきれなかった動きになっていました。

8:30の発表でしたから、同社の増額修正は注目していた人以外、気が付かなかったはずです。
ですから昨日終値の7円高は前々比でほとんど上がっていなかったと同じです。

第2四半期を取り出すと売上高22.41億円、経常利益4.35億円と凄い内容で、第1Qの赤字から急浮上しています。
通期業績は売上高72億円(同9%増)、経常利益5.70億円(同17%増)と最高益更新を見込んでいますが、第2Qの内容から大幅な上振れも濃厚で、最高益更新に弾みが付く可能性もあります。

第1四半期の赤字決算もあり、株価は下げ余地のない水準まで下げていたはずです。
昨年7月の高値からの下落率は76%超にもなっています。
となれば、ここは買うしかないと思います。
信用買い残は43.1万株と過大ですが、「貸し株」も21万株超出ています。需給はそう悪くありません。

(24日株価1556円+7円) 買いゾ~ン1700円まで 見切りライン1399円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制