ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > カナミックネットワークス(東証プライム3939)

注目の厳選銘柄

カナミックネットワークス(東証プライム3939)

週足チャートは底入れ反転の動きに変わっています。本日は昨日の反動が出そうですが、安くなったところは狙い目!

日経平均の昨日の日中値幅は今年3番目の小ささとなっています。相場には方向感がなく、手が出しにくい状況です。
本日も様子見が賢明かとも思ったのですが、昨日休んだので紹介することにしました。
銘柄はカナミックネットワーク。これまで何度も紹介してきました。

昨日34円高と大幅高しています。上昇率は東証プライムの13位、これはTOPIXの構成銘柄の浮動株比率の見直しに絡む売買が膨らんだためです。
同社株が上昇し始めたのは14:59:59から。その後、たった1秒間で、1400株、3400株、1400株、11000株、900株、700株、大引け216400株と大量の買いが入り、株価が547円から548円→549円→550円→551円→552円→大引け572円と急伸したのです。
出来高は前場が39700株、後場が309300株でした。

本日はその反動が出るはずです。安くなると思いますが、そこは狙い目ではないかと思い紹介しました。
日足チャートはフシ突破となっていますが、昨日のチャートは信用できません。でも株価の中期トレンドを示す週足チャートは戻り歩調のいい形になっています。
2番底を付けてからの上昇だけに、戻り相場に入った公算大です。

業績は好調。
今9月期は売上高23.50億円(前期比12%増)、経常利益9.30億円(同12%増)と2桁増収益を予想、最高益を見込んでいます。
会社四季報は2023年9月期も売上高28億円、経常利益11.50億円と一段の拡大を予想しています。
2番底を付けてからの動きで、ここは狙い目ではないかと思います。
2020年6月の上場来高値からの下落率は65.6%。ほぼ「半値八掛け二割引き」水準まで下げてから動きが変わっています。
信用買い残が27万株ありますが、「貸し株」も354万株超出ています。需給は最高。
なおPTSは出来ずとなっています。

(29日株価572円+34円) 買いゾ~ン570円まで 見切りライン519円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制