ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > オンコセラピー・サイエンス(東マ4564)

注目の厳選銘柄

オンコセラピー・サイエンス(東マ4564)

 本日、テレビ東京で15:35放送の「NEWS FINE 」で「注目の抗がん剤ベンチャー」として同社が紹介されました。OTS102が開発の最終段階であるフェーズⅡ~Ⅲ(今回は一緒に実施)に1月下旬に入るとのことで、1~2年で上市される予定としています。膵臓癌・大腸癌についても非臨床試験は完了しており次のステップに進む段階。ニュースのなかで、こうしたベンチャー企業を大手薬品会社が買収する動きが今後一層多くなるだろう、と締めくくっています。同社以外ではナノキャリア、カルナバイオの名前も上がったそうです。両銘柄ともストップ高で引けています。なかでもカルナバイオは5838株の買い物を残すなど相変わらず強い動きになっています。
 同社も「がんペプチドワクチン療法の開発」のプロジェクトで内閣府より革新的な技術特区に採択され、11/18には154800円まで買われました。足元は調整局面となっていますが、本日、5日線と25日線を一気に抜いて来ました。バイオベンチャー相場は今しばらくは続くのではないでしょうか。(株価113000円+13000円 見切りライン100000円)

 
(銘柄フォロー)アクロディア(東マ3823)91000円+5100円 

 大幅高で5日線を回復して25日線にも届く勢いでした。ACCESS(東マ4813)がストップ高の191200円まで買われましたのに比べ、同社の10万円以下は出遅れています。
 SUN絡みの1億円の損失が気になり上値を追うことが出来ませんでしたが、引け後にこの件に関するIRが出ました。 ミドルウェア事業における特別利益の計上が見込まれるとのことから、通期の業績予想の変更はありません。むしろ、今までのIR件数からして上方修正の可能性もあると思います。当面の不安材料が払拭されたことで25日線抜けから上値を試す展開となりそうです。

http://www.c-direct.ne.jp/public/japanese/uj/pdf/10103823/20081215164762.pdf


ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(JQ7774) 104000円-1400円

 本日は1部銘柄に目が向いてしまいました。しかし出来高は2585株と大商い。10万円台で拾っているように思えました。
テレビ東京で癌治療ベンチャーの特集を先ほどまでやっていました。どうやら本日は買いがそちらに集中したようです。癌の新薬の製品化に比べれば同社の新薬は販売の一歩手前まで来ています。同社にも買いが回ってくる来る可能性は充分あります。政府は再生医療分野で現在担当の医師にしか認められていない患者の細胞の培養を医師に代わって企業ができるようにする規制緩和なども検討することにしています。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制