ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

オムロン(6645)

出色の決算です。来期は4期ぶりの最高益更新となりそうです。高値圏も、ここは狙い目!!

米国株が急落していますが、きょうは決算プレー初日。決算だけが材料となりますので、米株安はそんなには響かないとみています。通常より安く買えるここは狙い目です。

株価は昨年来の高値に上昇していますが、ここは狙い目と判断しました。
2020年4~12月期は売上高469億円(前年同期比5%減)、税前利益467.79億円(同10%増)と減収ながら増益を達成しました。
これを受け、通期売上高を6200億円→6450億円(同4%減)に、通期税前利益を350億円→570億円(同10%増)に増額修正、今期は一転増益になると発表しました。
サプライズの増額修正ですが、第3四半期を取り出すと売上高1683億円、税前利益204.71億円となっています。2四半期分の合計である中間期が売上高3012億円、税前利益263億円でしたから、様変わりの業績改善となっています。
会社予想では第4四半期は102億円の税前利益しか見込んでいないので、再増額の可能性も大ではないかと見ています。
過去最高益は2018年3月期の833億円ですが、来期はそれを4期ぶりに更新する可能性が強まってきました。

これまで株価は「可能性」を織り込む形で上げてきました。きましたが、ここへ来てそれが「強まった」に変わったとみています。
「会社比強気」で「大幅増額」としていた会社四季報の税前利益予想(410億円)を大幅に上回る見通しとなったわけですから、株価はそれを織り込む動きになるはずです。
高値圏まで上昇していますが、まだ織り込んでいないと判断し、紹介したわけです。
米国株の急落で大幅高で始まる可能性が無くなったことはラッキーだったと見ています。
信用倍率は0.26倍と圧倒的売り長で、「貸し株」も284万株超出ています。需給は良好です。
なおPTSは9780円+180円、出来高800株となっています。

高値圏での推奨となりますので心配な方は選択肢銘柄の中から選んでください。

(27日株価9600円+22円) 買いゾ~ン10100円まで 見切りライン9289円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制