ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > オプテックスグループ(P6914)

注目の厳選銘柄

オプテックスグループ(P6914)

業績は予想以上で最高益更新に弾みが付きそうです。なのに株価は2018年当時の77%水準にとどまっています!

きょうはKHネオケム(4189)、イリソ電子(6908)、メック(4971)、オプテックスG(6914)のうちどれを紹介しようか迷いましたが、同社を選びました。
チャート的には4社の中で最も良くありませんが、事業内容や業績から跳ね返せると判断しました。
他の銘柄がいいと思った方は各自の判断でそちらに行ってください。

2022年1~3月期は売上高139.01億円(前年同期比26%増)、経常利益24.31億円(同53%増)と出色の内容でした。
通期業績は売上高530億円(同15%増)、経常利益61億円(同18%増)を据え置いていますが、中間期計画に対する経常利益の進捗率は83%超。最高益更新に弾みが付きそうな内容となっています。

過去最高益は前12月期の51.30億円です。それまでの最高益50.38億円(2018/12)を3期ぶりに更新しましたが、更新幅がわずかだったことや地合い悪化からそのときの株価を更新するには至りませんでした。
足元の株価はその時の77%にすぎません。

月足チャートをみれば分かりますが、大底はコロナショック時に付けています。チャート妙味はありませんが、業績は2020年12月期を底に回復色を強めているので、ここは狙い目でしょう。
PERは12.61倍、高PER銘柄ではありません。
信用倍率は3.95倍と買い長で買い残が7.7万株ありますが、「貸し株」が36万株も出ています。需給は良好です。
なおPTSは1800円+167円(10.23%)、出来高1700株となっています。

(10日株価1633円-13円) 買いゾ~ン1865円まで 見切りライン1599円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制