ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

オプティム(3694)

今期はV字回復し2期ぶりの最高益に。遠隔医療の本命です。底入れしたここは狙い目!

相場の地合いは少しずつ好転していますが、本日は米軍のシリアへの軍事攻撃がどう響くか分かりません。来週からは決算発表が本格化しますので、それまでは無理な内倍は控えてください。
本日は外部環境に無縁な銘柄。
これまで数えきれないほど推奨してきましたが、失敗したことは多分1回もないと思います。
最近の推奨は2016年12月。利確したのは昨年5月です。

本日は遠隔医療サービスの本命株です。以下は4/15付の日経新聞の記事からです。
スマホ(やパソコン)などを使って離れた場所の患者を診断するオンライン診療の保険適用が4月から始まった。高齢などで容易に通院できない患者が増えているのを受け、手軽に診療を受ける環境を整えるのが狙いだ。・・・・(以下略)。
6段抜きの大きな記事です。今後遠隔医療がテーマになる可能性は十分あります。
同社は遠隔医療健康相談「ポケットドクター」をMRT(6034))共同で開発しており、その分野の代表的企業です。

成長性の高さがウリの会社ですが、2018年3月期は売上高は40億円(前期比20%増)と大幅増となるものの、経常利益は先行投資負担が響き4億円(同41%減)と大幅に減少する見通しです。この業績予想を受け、昨年の株価は冴えないものになっていました。
しかし会社四季報は今3月期は売上高48億円(同20%増)、経常利益7億円(同75%増)とV字回復し、2期ぶりに最高益を更新すると予想しています。
冴えない業績予想の中、相場急落前の2月2日の株価(2549円)を上回る場面が2回もありました。足元は少し下回っていますが、基調はかなり強いように思います。

決算を機に動きが変わる可能性大です。
信用倍率は2.02倍と接近しており売り残が15.7万株(13日出来高の6.9倍)もあります。このほか「貸し株」に出ている株が48.7万株(同21.4倍)。
需給面からも注目されます。
ここは狙い目でしょう。

(13日株価2442円-1円)買いゾ~ン2600円まで 見切りライン2323円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制