ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > エンバイオHD(M6092)

注目の厳選銘柄

エンバイオHD(M6092)

調整が一巡、再び上値追いの動きに。業績はV字回復しており今期は2期ぶりの最高益に!

今の相場は期待値で上げているだけ、いや買われているだけです。このところずっと値上がりする銘柄より値下がりしている銘柄が多くなっています。昨日も値上がり654に対し値下がり1406でした。
あと1週間ちょっとで決算発表が始まります。銘柄はいっぱい出てくると思いますので、それまでは無理な売買は控えてください。

本日はエンバイオHD。
2018年5月に紹介した後、下方修正を発表、その後不祥事が起こり大きく下げましたが、今期のV字回復を信じナンピンを2回入れ、昨年12月2日に紹介時の株価を11%上回った場面で利確を指示しました。
そのとき「上昇いっぱいとなった感がありますが、業績には素晴らしいものがありますので、次の買い場が来たとき、また紹介しようと思います。なおナンピンを入れてない方は持続でも問題ないとみています」とコメントしていました。
その買い場が来たと判断しました。

9月中間期は売上高42.87億円(前年同期比7%減)、経常利益5.18億円(同299%増)と予想を大幅に上回ものでした(会社四季報予想は売上高43億円、経常利益3億円)。
通期業績は売上高92億円(同7%増)、経常利益6.07億円(同39%増)を据え置いていますが、進捗率からみて大幅な上振れが濃厚。 過去最高益は2018年3月期に記録した6.68億円ですが、今期はそれを2期ぶりに上回る可能性大となっています。

中国では昨年1月から土壌汚染防止法が施行されました。
同社はそれに備えいち早く子会社を設立、受注の取り組みに動いていました。 今後、その効果も期待されます。

株価は1430円まで上昇した後の調整が一巡、反転の動きに変わっています。テクニカル的には下げすぎ状態となっていましたので、1/8の1162円で目先の底は入れたとみられます。チャート上はサポートラインの60日線にタッチして切り返す形になっています。
MACDはマイナス圏まで下げてからプラス圏に転じており、パラボリック指数は買いシグナル点灯3日目となっています。
これらの動きからトレンドは転換したとみられます。
信用倍率は2.73倍とやや買い長で買い残が38.3万株ありますが、「貸し株」が30万株超出ています。需給は良好です。
今回は買い手掛かり材料がない中、消去法的に出した銘柄です。

(16日株価1347円+30円) 買いゾ~ン1430円まで  見切りライン1161円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制