ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > エス・バイ・エル(1919)

注目の厳選銘柄

エス・バイ・エル(1919)

 東京市場は依然過熱状態のまま。こういう状況では買いは控えるべきでしょうが、中には下げ余地のない水準まで下げたものもありますので、本日はそれを紹介します。
 エス・バイ・エルです。2月には22円までありました。いつ倒産してもおかしくない株価です。同社には何度も取材していますが、会社側は経営の先行きについてはかなりの自信を持っています。前期業績は下方修正されましたが黒字基調は変わっていません。このことだけでも評価に値すると思います。しかも今期は増益予想。
 今年度から過去最大の住宅ローン減税がスタートします。10年間で最大600万円の税額を所得税・住民税から控除するというもので、一般住宅でも最大500万円の控除が受けられます。これをきっかけにマンションなどを購入しようという人が急増しているそうで、不動産業界は再び活性化するのではとの見方も出始めています。当然、注文住宅メーカーの同社が受けるメリットも大きなものになるはずです。
 今週末には追加経済対策も発表されるため、国策に沿った銘柄はこれまで以上に注目される可能性も大。相場の底打ちに伴い株価が50円以下の銘柄はどんどん減っています。その意味でも狙い目ではないかと見られます。PBRはわずか0.81倍台に過ぎません。
(株価40円+6円 見切りライン 基本的になし)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制