ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > インフォコム(JQ4348)

注目の厳選銘柄

インフォコム(JQ4348)

成長期待大の「RPA」関連です。業績は好調で今期も最高益更新見通しです。なのに株価は安値圏。じっくり検討できるようアップしました。

きのうは全面安商状の中、無人レジ関連が暴騰しました。ヴィンクス(3784)、アルファックス・フード・システム(JQ3814)、オプトエレクトロニクス(6664)などですが、物色の輪は関連のMRT(6034)、クラウドワークス(M3900)、クレオ(JQ9698)、IT FOR(4743))、ジェクシード(JQ3719)にも広がっていました。
それらはRPA(ロボテック・プロセス・オートメーション)関連です。人間が行っている業務をロボットで代行するものですが、人手不足を背景に今後、猛烈な勢いで成長していくとみられます。
3/27にその代表銘柄とされるPRAホールディングス(6752)がマザーズに上場します。それを機に関連株が人気化する可能性は大です。
関連株はいくつかあったのですが、本日は同社を紹介します。

会社四季報には「RPA」とはっきり評してあります。そのあとに、「ロボットによる業務自動化分野に17年10月から本格参入、20年度に売上20億円を目指す。競争激化の漫画配信は独占先行配信コンテンツを増やし差別化を図る。」と出ています。
これが1社に絞る決め手になりました。

電子書籍とITサービスが2本柱。
「めちゃコミック」のCMはご存知だと思います。漫画配信を中心としたネット事業の2017年4~12月期売上高は159.16億円で、営業利益は25.89億円でした。ITサービス事業は売上高159.36億円で営業利益8.06億円。収益柱はネット事業ですが、利益の伸び率はITサービスが圧倒的で、今後、逆転する可能性大とみています。
業績は好調で今期も最高益更新の見通しです。通期では売上高460億円(前期比10%増)、経常利益58億円(同19%増)の予想。
1/30の発表でしたが、地合いが悪く、相場急落にも巻き込まれましたが、一時は急落前の株価を回復する場面もありました。基調は弱くはないと思います。

このほか買い推奨するか迷った銘柄はAGS(3648)、パーソルHD(2181・子会社がRPA株を保有)、コムチュア(3844)、インフォテリア(3853)です。
この中に気に入った銘柄があったら各自の判断で売買してください。
なお、推奨中のシステムソフト(7527)が動意付いているのもそれが主因だとみています(会社四季報にRPAとでています)。
(14日株価2186円+81円) 買いゾ~ン2400円まで 見切りライン1964円 100株単位

なお同社の決算短信には以下のように出ています。
悪文でしたので読みやすいように修正しましたが、内容は変更していません。↓

IT関連市場では「働き方改革」の実現に向けたIT活用意識の高まりを背景に、クラウドサービスの利用とともに、IoT、ビッグデータ、AI(人工知能)、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)などの活用が進展、その波は医療や介護領域へも広がっています。
当社は「働き方改革」第1弾として統合業務ソフトに連携する経費精算サービスを提供開始したほか、遠隔医療や介護分野への応用を目的に研究中のAR/VRの研究成果を展示会で発表。また定型業務の自動化を図るRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の提供を開始しました。

なお当社の業績は納期が年度末の3月に集中する傾向があるため、売り上げ、利益は第4四半期に集中する傾向があります。
(以上)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制