ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > イントラスト(7191)

注目の厳選銘柄

イントラスト(7191)

会社四季報が弱気予想をしていたこともあり徹底的に売られました。上場来安値まで下げて反転したことで、トレンドは転換したとみられます。業績は好調で最高益更新見通しです!

きょうは決算プレー初日です。
当日決済した方がいいと判断したときは2:30頃までに連絡します。なかったときはそのまま持続してください。

きょうは期待のアジアパイル(5288)がストップ高気配となっているので、2番手のイントラストです。
会社四季報が「会社比弱気」とし利益を減額したこともあって、株価は大きく売られていました。
昨年2月の上場以来高値からの下落率は73%超に達しています。
2016年12月の上場ですが、株価は昨年末に上場来安値の296円まで下げていました。そこから反転の動きに変わっているので、トレンド転換した可能性大です。

2018年4~12月期は売上高22.78億円(前年同期比5%増)、経常利益5.75億円(同6%増)と好調なものでした。
通期業績は売上高31.50億円(同6%増)、経常利益8.10億円(同7増)を据え置いていますが、前期に続いて最高益を更新の見通しです。
第3四半期をとりだすと売上高7.72億円、経常利益2.17億円となっており、中間期の売上高15.06億円、経常3.58億円より好転しています。

信用倍率は4.09倍と買い長で買い残が34.9万株ありますが、「貸し株」が83.8万株出ており需給は良好。
伸び率に物足りなさはありますが、徹底的に売られた後だけにここは狙い目でしょう。

このほか買い推奨しようか迷った銘柄はアジアパイルHD(5288)、ムゲンエステート(7191)、インソース(6200・自社株買いも発表)です。いすれも業績、チャート面から注目される銘柄です。
その中に眼鏡にかなうものがあったら各自の判断で売買してください。

(25日株価393円+19円) 買いゾ~ン450円まで 見切りライン349円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制