ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > インターワークス(6032)

注目の厳選銘柄

インターワークス(6032)

今期は急回復し、最高益に迫る見通しです。底入れしたとみられるここは狙い目!

5/9の決算(12:30発表)を好感して上伸した後、売り物に押される展開が続いていましたが、ここへ来て下げ止まる動きに変わっています。
大きく反転していないので底を入れたとはまだ云えませんが、チャートからは6/1の984円で底入れした可能性大です。

製造業に特化した求人サイト「工場WORKS」を運営、これが主力ですが、人材紹介事業も売り上げの23%あります。
2018年3月期は人材紹介事業で増員したコンサルタントの売上貢献が想定より1四半期ずれ込んだため、売上高39.68億円(前期比0.8%減)、経常利益6.45億円(同26.8%減)と微減収・大幅減益となりました。
しかし今期は売上高48億円(同20%増)、経常利益8.10億円(同25%増)とV字回復を予想、経常利益は過去最高となった2017年3月期の8.82億円に迫る見通しです。
一時はこの決算が好感されたわけです。

しかし株価は決算発表前の5/8の1050円を下回る水準まで下げています。
人材紹介を手掛ける時流に乗った企業です。その会社の株価が評価されなかったのは売り上げ減のためではないかとみられます。
決算短信を見てもその理由は分からなかったのですが、会社四季報に「シェア低いアパレルや販売接客など4媒体を縮小し「工場WORK」に集中」と出ていますので、その影響ではないかとみられます。
今週15日の会社四季報夏号発売で今期の大幅増益、好実態が認知されるので、動きは変わるのではとみています。
信用買い残は11.2万株とやや過大ですが、「貸し株」が6.5万株出ており、需給に問題はありません。

(12日株価1001円-4円) 買いゾ~ン1050円まで 見切りライン979円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制