ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

イリソ電子(6908)

2020年10~12月期の売り上げは過去最高レベルに達しています。株価もそれを映したものになっておかしくありません!

チャートからいけそうだとみられる銘柄は1社しかなかったので、きょうは無理する必要はありません。
選んだのはイリソ電子。
会社資料の次の文章が決め手になりました。
第2四半期以降、中国をはじめ世界的に自動車市場が回復に向かった。第3四半期は四半期ベースでみて当社史上最高の売上高を記録した。このような市場の回復は第4四半期以降も続くとみられ、売り上げ、利益を見直した…と。
売り上げが過去最高レベルまで来ているので、株価もそれに近いものになっておかしくないと考えたからです。

2020年4~12月期は売上高259億円(前年同期比13%減)、営業利益17.39億円(同52%減)と減収減益となりましたが、予想を上回るものでした。これを受け、通期売上高を345億円→360億円(同9%減)に、通期営業利益を27億円→32.5億円(同29%減)に増額修正しました。
第3四半期を取り出すと売上高109億円、営業利益15.66億円と凄い内容となっています。売上高経常利益率は14%超。高収益会社といえる内容です。

コネクターが主力で、今、急回復している車載向けが中心。会社資料の上記の内容もむべなるかなです。
過去最高益は2018年3月期の84億円ですが、来期はそれに迫るか上回る可能性が出てきたのではないかと見ています。
信用倍率は0.34倍と大幅な売り長で売り残は13.7万株もあります。このほか「貸し株」が25.4万株。昨日出来高が11.7万株ですから、需給面からも狙い目大でしょう。
例え2018年1月の高値7480円超えがなくても、2019年11月頃の株価(5000~5800円)はあるのではとみています。
ただ高値圏での紹介となりますので、見切ラインには注意してください。
なおSMBC日興証券は1月13日付で投資判断を「1」とし、目標株価を7000円に設定しています。
(2日株価4990円+245円)  買いゾ~ン5300円まで 見切りライン4599円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制