ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > イノベーション(M3970)

注目の厳選銘柄

イノベーション(M3970)

業績は絶好ともいえる状況です。なのに決算を受け急落しました。底値まで下げたとみられるここは狙い目!

本日はイノベーションです。
現時点ではリスクがそこそこありますが、最安値を買える可能性があること、例え下がったとしても業績が絶好とも云える状況ですので、いずれ復活するはずです。
そのためナンピンを考えた見切りライン設定はやめて厳し目のラインを設定、それを下回ったら再度の推奨を考えています。
それくらいの業績です。

時代にマッチした業態で業績は爆発的に拡大しています。コロナショックで急落した後、安値から5.2倍も上昇、6月には上場来高値となる6700円を付けました。
この間の上昇幅は5424円。足元の株価はそこから48%超下落した水準にあります。テクニカル的には超売られすぎ状態となっています。
チャート分析すると上昇幅の半値押し水準(3980円)を大幅に下回る水準まで下げています。どんなに下げてもそれ以下にはならないとされる3分の2押し水準(≒半値八掛け二割引き)が3082円ですから、ほぼその中間水準まで下げたことになります。
そのため、例え下げたとしても大幅安はないはずです。
MACDチャートも底を入れつつあります。後はきっかけだけ。

決算は素晴らしいものでした。
2020年4~6月期は売上高6.78億円(前年同期比45%増)、経常利益0.94億円(同178%増)と出色の内容。会社四季報の中間期予想が売上高9.8億円、経常利益0.70億円ですから、それを大幅に上回っています。
通期では売上高21.1~23.3億円(同4~23%増)、経常利益1.70億円(同1%減~21%増)予想。
決算を受けて急落したのは通期での増額がなかったことが響いたのではないかと見られます。
またネット証券の場合、レンジ予想は表示されないので「未定」と受け取られ、投げを誘ったのかもしれません。
4~6月期の内容から今期は大幅増額の可能性大で、最高益更新に弾みがつく公算大です。
信用買い残が20.1万株ありますが、「貸し株」も12.6万株出ています。
需給に問題はありません。
ただ底入れは確認していないので、本日は割り切って買える方が対象です。

(1日株価3605円+10円) 買いゾ~ン3800円まで 見切りライン3399円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制