ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > アートスパークHD(東証2部3663)

注目の厳選銘柄

アートスパークHD(東証2部3663)

底入れ反転の動きに変わって来ました。80%も下がってからの反転だけに、ここは狙い目!

きょうは期待していたサイバーステップ(東証2部3810)がストップ高気配となっていたので、アートスパークHDです。過去4年で4回紹介、うち3回利確できた銘柄です。
自動運転関連としても知られています。

同社に注目したのは底入れ反転の動きになってきたからです。
昨年12月の直近高値からは18%超しか下げていませんが、MACDはプラス圏に転じており、パラボリック指数も買いシグナル点灯3日目となっておいます。この面からもトレンド転換した可能性出てきたと判断しました。

株価は2016年11月の3555円を高値に3年以上も右肩下がりの下げが続いていました。この間の下落率は79.9%。これ以上は下がらないとされる「半値八掛け2割引き」を下回る下げになっています。
業績不振が背後にあったからですが、その不振は100%織り込んだとみています。
12月決算企業です。
2019年12月期は売上高51.74億円(前期比36%増)、経常利益2.04億円(同42%減)と大幅増収・大幅減益を見込んでいますが、会社四季報は「会社比大幅強気」とし、売上高は55億円(同45%増)に、経常利益は3億円(同15%減)に拡大すると予想しています。第3四半期までの経常利益が通期で計画している2.04億円を上回る2.65億円となっているので、大幅上振れは必至でしょう。

問題は今期ですが、会社四季報では売上高65億円、経常利益4.50億円と一段の拡大を予想しています。
過去最高益は2016年12月期に記録した4.77億円ですが、それに迫る内容。
今回の決算で業績不振は終わる形になるので、発表を受け動きが一変する可能性があります。
そのためここは狙い目でしょう。
信用買い残が53.7万株ありますが、「貸し株」も45万株超出ています。需給に問題はありません。

(14日株価780円+8円) 買いゾ~ン800円まで  見切りライン713円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制