ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

アーク(JQ7873)

 本日の地合いで6円高。強い動きではないかと思います。9月中間期の経常利益が前年同期比38%増の35億円となったように業績は急ピッチで回復中。通期経常も148%増の65億円予想といまの収益環境では考えられないような高い数値を見込んでいます。
 注目点は3つ。第1が予想PERがわずか8.1倍でPBRも0.23倍台という点。破綻が囁かれている新興不動産会社よりも低い評価しかされていません。第2が高値からの下落率の凄さ。06年1月の高値からの下落率はなんと98.9%。1000円が10円になった計算です。今年の5月高値からでも下落率は85.1%にもなります。業績不振(予想)で売られたわけではありませんので、強烈な下げに対して強烈なリバウンドがあって当然です。
 第3は需給。信用倍率は現在1.47倍。大幅な売り長になっているわけではありませんが、空売りした価格帯が問題です。空売りが入り始めたのは10/7以降。当時の株価は85円でした。そして11/6、11/11、11/14にも大量の売りが入っています。そのときの株価はそれぞれ144円、125円、164円でした。
 はっきり云えば今は売り方と買い方ががっぷり四つに組んでいる状態です。売り残は137.87万株に対し買い残は203.0万株。高いところを買った方はなかなか上がらずいらいらされていると思いますが、売り方は踏み上げられそれ以上に焦っているのです。売り残は本日の出来高の約2日分にも達する株数。
 昨日から増し担保規制が取られています。その分、信用では買いにくくなっていますが、そうしたなかでの株価上昇です。160円台でのもみが煮詰まれば一気に上放れるのではないかとみられます。(株価166円+6円 見切りライン140円)


(銘柄フォロー)ドワンゴ(3715) 123600円+4600円

 3日続落の後の切り返し。出来高を伴い25日線にタッチして引けました。一目の「雲」の中に再び突入。一時10300円高の129300円まで上げる場面もありました。本日の軟弱な地合いの中では悪い動きではありません。明日の動き次第ですが、今回の上げ幅の半値押し水準で切り返す可能性があります。空売りしていたドイツ銀行は買い戻しています。13万円を上回ると空売りしていた個人の買い戻しも活発化してくる公算が大。

(銘柄フォロー)イナリサーチ(JQ2176) 10000円-3200円

 利食いに売りに押されましたが引けでは10万円台を死守。一目の「雲」の中で引けています。好業績の出遅れ銘柄としてまだ注目です。11/26にはアナリスト向け説明会があります。一目の「雲」抜けから公募価格の18万円を目指す動きとなりそうです。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制