ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > アルデプロ(東マ8925)

注目の厳選銘柄

アルデプロ(東マ8925)

 昨日までの下げには驚きました。当社にとっては色々と縁のある会社なので近況等をうかがったのですが、ここまで売られる要因はないはずとのコメントでした。会社としては当惑しているとのことです。
 注目の決算は今月中旬に発表されます。14日か17日のいずれかだと思いますが、数字的なものは全く掴めませんでした。予想通りなら株価は売られすぎ状態にありましたから急反発するでしょう。しかし逆のケースになる可能性もあります。
 同社は当初のマンションだけに止まらず、商業ビルやオフィスビルの再活へと事業領域を広げており、売り上げの7割程度がそうしたもので占められるようになっています。その結果、売り先の中心は不動産ファンドやREITなどになりました。
 サブプライム問題の影響もあって国内でも資金面のファイナンスが窮屈になっており、その結果として今7月期の第1四半期から期ズレが生じています。第1四半期の期ズレ分は第2四半期に入って回収できたそうですが、第2四半期に予定していた物件がまた期ズレを起こす可能性も充分考えられます。
 以上のことから近く発表される決算はどっちになるか予測がつきません。が、少なくても業績的には絶好調(予定)で、PERがわずか3.2倍台、配当利回り9.6%という株価水準は安すぎます。
 不動産関連と聞いただけで株価が売られる状況になっていましたが、マーケットが落ち着き取り戻しつつありますので、あす以降も反発は続くと思われます。ただ売却時期は間違えないようにしたいものです。(株価10060円+1000円 見切りライン9000円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制