ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > アライドテレシスドHD(6835)

注目の厳選銘柄

アライドテレシスドHD(6835)

 本日は日経平均が148円高となりましたが、先物との絡みで指数が上昇しただけで、全体では値下がり銘柄が1044に達するほぼ全面安の一日でした。そうした中、同社株は5円高と東証2部の値上がり率ランキングの第8位。かなりの強さといっていいでしょう。
 4/8の107円を高値に下げ相場が続いていましたが、本日の上昇で5/29の66円で目先の底を入れた可能性が出てきました。新値3本足も本日陽転。
 5/8発表の第1四半期決算が大幅赤字だったため反騰局面にあった株価は腰砕けとなり、一段安に売られる展開となっていました。第1四半期は売上高125億円、営業利益917百万円(前年同期は収支トントン)、経常▲445百万円(同57百万円)でした。経常赤字となったのは3月末の為替が1ドル=100.19円となり為替評価損が1261百円発生したのが原因。今期は1ドル105円を前提に予算を組んでおり、現時点では逆に同程度の評価益が発生、表面上チャラになっています。
 業績は順調に伸びており、第2四半期が第1四半期並みの利益と見ても6月中間期の営業利益は1800百万円(前年同期は▲225百万円)と当初予想の1380百万円を大きく上回ります。通期営業利益は97%増の2870百万円を見込んでいますが、早くも大幅増額の可能性が強まってきたように思います。
 株価は第1四半期の赤字を嫌気して大きく下落しているだけに、ここは絶好の買い場。テクニカル的にも1/22の安値(30円)から4/8の高値(107円)までの上げ幅の半値押し水準(68円)まで売られてから切り返す教科書的動きになっています。時価はPBRでも0.87倍台と1倍を下回っており、下値リスクもそうありません。(株価75円+4円 見切りライン65円)

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制