ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > アセット・マネジャーズ(HC2337)

注目の厳選銘柄

アセット・マネジャーズ(HC2337)

 朝会員欄で狙い目とした銘柄です。1/11の下方修正から売られ3日連続ストップ安。昨日で3空(窓を3つあける)を示現。3空に売りなしの格言で行けば、ここは打診の買いをいれるところ。最近の新興市場の下げの元凶と言われていただけに、本日の全株一致で寄り付いたことで悪材料出尽くしとなり、買い安心感が出てきたようです。
 他の不動産ファンド関連株も戻し、ダヴィンチアドバイザーズ(HC4314)はストップ高買い気配で引けました。今回、業績の下方修正が嫌気されましたが、赤字になるわけではありません。冷静に見れは好業績であることに変わりはありません。地合いとパニック的な売りで下げただけだと思います。
 本日で追い証の強制執行も終わり、売らなければならない人はほぼ売り切ったと思われます。出来高を見ればわかりますが123098株と大商い。前場の動きが弱かっただけにカラ売りも入った可能性があり、取り組み次第で意外高の可能性もあります。
 株価は13時01分に66100円の安値をつけて切り返しています。前日比5100円安となっていますが、VWAP以上に買われて引けました。チャートは下ひげの長いトンカチを形成。複数の外資系証券から不動産市場に対するポジティブなレポートも出ています。ただ割り切って買える方のみです。(株価74900円-5100円 見切りライン66000円)


(続報)アクロディア(東マ3823)株価348000円+26000円

 昨日、本日が相場の変化日とお伝えしたとおり。はほぼ高値で引けました。このところの全体相場の急落で個人投資家には追い証が大量に発生したそうです。同社株の昨日の急落はこれが原因だったようです。ただ、これで需給関係はかなり改善されたと思います。
 好業績で業績の上方修正の可能性のある銘柄をこんな安値で売る必要はないと昨日もお問い合わせ頂いた方にはお伝えしました。外部要因で下げても内容のいい銘柄は戻って来ます。現物の方は強気でホールドです。明日は週末。出来れば200日線(358065円)を超えて引けて欲しいものです。

(続報)DeNA(2432)519000円+17000円

 前場は信用の投げ等もあり安かったのですが、後場から切り返し200日線を回復して引けました。フィルタリングの影響が懸念されていますが、12月の会社側のIRにあるように影響は軽微なもの。モバゲーの会員数も今月には900万人を超えるでしょう。1/30の第3四半期決算には期待が持てそうです。


(続報)ぐるなび(東マ2440)191000円+4000円

昨日「厳選銘柄」で指摘したとおり162000円で底を入れた可能性が強まってきました。週足もそうした動きになっています。2/8第3四半期決算発表。1/15よりあのYouTubeで動画配信サービスを開始しています。

http://www.gnavi.co.jp/company/release/2008/080115.pdf

☆最近の日経平均先物についてです。
 前場しっかりの時は後場売り崩されるパターンが多かったのですが、本日は後場もしっかりしていました。最近の株価は先物に連動するので、先物の動きには注意が必要です。
 グローベックスで米国株の先物が上昇したことで今晩の米国株への期待が出たほか、「これまで東京市場を圧迫していた欧州勢によるTOPIXのETF売りが止まった」(準大手証券)ことも本日の需給改善に寄与したようです。今晩の米メリルリンチの決算発表についても「これまでの株価の下げでかなり織り込まれた」(銀行系証券)との見方が広がっています。
 今晩のバーナンキFRB議長の議会証言で、利下げの幅や政策スタンスを確認したいところ。ニューヨークタイム誌によればバーナンキ議長が議員に対して景気刺激のための減税、あるいは財政支出を支持すると表明。今晩のNYは期待が持てそうです。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制