ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > アクロディア(東マ3823)

注目の厳選銘柄

アクロディア(東マ3823)

 予想を上回る下げになってしまいましたが、同社株についてはまったく心配はしていません。安寄りしたあと一旦戻しましたが、再び売られる展開になったことで不安になり、買いの手が引っ込んだというのが本当のところでしょう。
 いまの相場地合いでは来期が大幅増益になる見通しであっても、減額修正を発表したその日に減額という悪材料を跳ね返してプラスで引ける力はありません。売りの嵐が止んでからでなければ本来の動きは取り戻せないはずです。今回の減額は減額修正とはいえ業績が悪くて減額したものではありません。サムスン電子との独占使用期間の終了する3/24以降に入ると見込んでいた海外携帯電話メーカーからのライセンス収入が、契約締結日の翌期へのずれで計上できなかっただけです。この分は今期の業績にオンされます。
 本日の下げは明らかにオーバーシュートで、ボリンジャーバンドなどテクニカル指標から見ても売られすぎ状態になっています。通常ならストップ安売り気配で終わってもよさそうな動きでしたが、5分足チャートを見ればお分かりのように13:00以降は下げ渋る動きになっています。下がったら買おうと思っている人がいる証拠で、これは評価すべきことではないかと思います。
 売りたい人は本日すべて投げたはずです。売り物がなくなったことで30日以降は違った動きになるでしょう。いずれにしても我慢は決算が発表される5/15までだと思います。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制