ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > アクロディア(東マ3823) 

注目の厳選銘柄

アクロディア(東マ3823) 

これを読む前に13:59に「会員用リアル情報」で紹介した記事をご覧いただくともっと分かります。本日は他に予定していたものもあったのですが、本文での紹介はアクロだけにいたします。

 本日は凄い下げだったと思います。下落率は7%ちょっとですが、高値から大きく下がった後の下げだっただけに、ほとんどの保有者は耐えられなかったのではないかと思います。
 下げがきつくなったのは後場からです。実は前場の段階で多くの会員の方から見通しについての電話がかなりありました。売って精神的にすっきりしたいと思った方が多かったからでしょう。そういうこともあって、会員欄にああいう風に詳細に解説したわけです。後場寄りからの急落は、耐えに耐えていた向きが辛抱しきれず投げてきたものに相違ありません。約定内容を見れば明らかです。
 当社はアクロへは数え切れないくらい取材しています。2日に1回くらいのペースで近況などを聞いており、取材の多さでは恐らく日本一でしょう。会員の方々へはその詳細をいろいろな形で伝達しています。ですから同社の内容は皆さんよくご理解していると思います。それでもこのように下げてくると心配になるものです。アクロの実力をよく知らない一般の投資家がこの下げに耐えられるはずはありません。本日の下げはそうした下げなのです。
 ここで、会員の皆様がうれしくなるようなことをお話します。アクロの株価を5分足チャートで見てください。分かりましたか?そうです・・・。下げ渋ってきたのです。1:30すぎから。出来高も伴っています。ボリンジャーバンドのマイナス2σを割り込む水準まで売られたわけですから、本日の304000円で大底を付けた可能性が出てきたように思います。
 本日の下げには東証1部が儲かりそうだと勘違いした向きが新興株を投げ売りして資金を1部に移し替えた影響があるのかもしれませんが、そんなのは問題ではありません。要は同社のように70%増収、70%増益を見込んでいる会社が上場企業の中でどれだけあるかです。増収増益基調が続いている会社の中でと条件をつけてスクリーニングすると、増益率ランキングのトップ10には入るはずです。こういう会社が評価されないはずはありません。
 HSBC証券は投資判断を「強気」、目標株価を491000円に設定しています。きっかけさえあればあっという間に戻すはずです。株ですから予想外の動きになることもありますが、先行きについては全然心配していません。お金があればここは格好の買い場なのです。(株価307000円)

(銘柄フォロー)アライドテレシスHD(6835)77円-1円

 一時3円高の81円までありました。本日の地合いを考えれば仕方ありません。同社株については特定の筋が手掛けている可能性があります。地合いの悪さから本日は個人は付いてこないと判断したのかもしれません。それでも下げは1円と小幅で、基調の強さが窺える動きとなっています。
 また例え筋が手掛けていなくても同社株は実力で上げてくるだけの力は持っています。あすには5日線と25日線がゴールデンクロスします。チャートも次第にいい形になっています。


(銘柄フォロー)ニューフレアテクノロジー(JQ6256) 103000円+2000円

 本日の地合いのなかでプラス引けは立派です。9800円の「窓」を埋めて10万円台で引けました(どうしても10万円を割らせたくないようです)。5日線も割っていません。11万円を超えると再び一目の「雲」を抜けて来ます。来週には会社四季報が出ます。社長も交代して、株価の水準訂正はこれからだと思います。三角保ち合い形成から上放れの動きとなる公算大です。


(銘柄フォロー) シコー技研(東マ6667)199000円-9000円 

 本日は株安、円安、債券安のトリプル安でした。メジャーSQに向けた大口先物業者の思惑相場。特に新興市場はセリングクライマックス的な動きでした。同社株も5日線近辺まで売られましたが、この突っ込みは絶好の仕込みチャンスだと恩います。同社は振動モーターで世界で50%以上のシェアを持っていますが、それを超える勢いで伸びているのがオートフォーカス用のモーターです。こちらも世界のトップシェアを目指しています。先日新型モーターの開発に成功しましたが、全容が明らかになるのはこれからです。詳しくは話せませんが、まだ会社側が発表していないことがあるそうです。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制