ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

注目の厳選銘柄

アイフル(8515)

 昼過ぎに会員欄でコメントした通りの動きとなりました。9/9に「今回の米住宅金融2公社の救済で金融セクターを売り込んでいくのは厳しくなった。下押し場面は買いではないかと思います。5日線まで落ちてくれば買い場とみています」とコメントしています。16日発売の会社四季報では同業のアコム、武富士、プロミス等が大幅減益と厳しい業績を予想していますが、同社だけは営業増益予想です。このことは9/4に行われたアナリスト説明会で福田社長も説明しています。これをきっかけに同社への評価が変わり、株価も上昇しているわけです。
 株価は売られすぎと言われる水準まで下げています。主幹事証券の野村證券もここへ来て同社株の持ち株を2%ほど増やしています。同社への見方が変わってきた証拠でしょう。週足や月足もいい形に変わっています。ボリンジャーバンドもマイナス1σを抜けてきたばかり。空売りや貸し株による買い戻しも含め金融不安が払拭され、金融セクターが買われる動きとなれば、同社株の戻りは大きなものとなるはずです。しかし高いところを買うのではなく押し目狙いが良いでしょう。
(株価911円+98円 見切りライン800円)

(銘柄フォロー)アクロディア(東マ3823) 204500円+10800円

 本日はマザーズ指数も強い動きで5日線を回復して引けています。ACCESSの業績上方修正がマザーズ市場全体にいい影響を与えたと思います。来週は携帯関連銘柄に期待したいところです。アクロディアも5日線を回復して20万円台で引けました。21万円以上で引ければ週足で13週線を抜いて来るところでした。週足チャートを見ればわかりますが下値が切り上がって来ています。来週は抜いて来ると見ています。

(銘柄フォロー)NGI GROUP(東マ2497) 102500円+6600円

 100000円以上で引けたのは7/9以来。9/2の高値103100円を抜けると2ヶ月に及ぶ8万円~10万円のボックス相場を上放れることになります。本日空けた95900円の「窓」を埋めに来るのか、糸の切れた凧となるのか来週の動きに注目です。「世界初となるOpenSimを採用した商用向け仮想空間サーバーソフトウェア「3Di OpenSim」を来月から発売します。マザーズでは売買代金の上位銘柄。流動性のある人気銘柄ですので動き出せば速いはずです。

(銘柄フォロー)リサ・パートナーズ(8924) 1135000円+4500円

 5日線近辺まで落ちるとすかさず買い物が入って来ます。本日も前場大きく売られましたが昨日の安値を割らずに切り返して来ています。週足も大きな陽線が1本出たばかりです。JPモルガン証券のレポートでは、全ての新興不動産企業を楽観視することは危険と述べており、棚卸資産を時価評価するためには相応の出血が伴うので、これに耐えうる財務健全性と高い資金調達力を持った企業のみが生き残るだろうと指摘しています。UBS証券でも同じようなことを指摘しています。その点、同社はお墨付きをもらったようなものです。株価はケネデックス、ダヴィンチHDの動きに連動するのでこの2社の動きには注目です。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制