ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > アイスタイル(3660)

注目の厳選銘柄

アイスタイル(3660)

今期は一転、2期ぶりの最高益となる見通しです。下げすぎたここは狙い目!

きょうは銘柄を決めるのが大変でした。
同社株はこのところずっと売られ年初来安値を更新していました。こうした局面では推奨しにくいのですが、このところ下げ渋る動きを見せていますので、そこに期待したいと思います。
テクニカル的には下げすぎ状態になっているうえ、MACDは買いシグナルを発しています。

2017年6月期は売上高188億円(前期比32%増)と大幅な増収となりましたが、経常利益は12.99億円(同21%減)と逆に大幅減となりました。
この減益見通しが株価下落の背後にあったと考えていますが、今期は売上高266億円(同40%増)、経常利益19億円(同46%増)と一転、大幅な増収益を見込んでいます。
経常利益は2016年6月期の16.57億円を2期ぶりに更新の見通しとなっています。

信用倍率は5.21倍と大幅な買い長で買い残が131.8万株もありますが、貸し株が261万株超出ており、需給は良好。
これは4日の出来高の3.6日分に相当します。
売り方は利が乗っていると思いますが、反転に転じたら利益確定のため、買い戻さざるを得ません。
そこも魅力。
チャート的にみたらいつ反転しておかしくありません。
週足チャートは6週連続陰線でずっと下げていますが、こんなケースは業績不安がなかったら、めったに起こりません。
その意味でここは狙い目でしょう。

このほか買い推奨するか最後まで迷った銘柄はアイサンテクノロジー(JQ4667・益)、オプテックスグループ(6914・益)、THEグローバル社(3271・益)、テノックス(JQ1905)、アリアケジャパン(2815・益)、KHネオケム(4189・益)です(コード番号の後の益は最高益更新という意味です)。
1銘柄に絞らなければならないため選に漏れました。
この中に眼鏡にかなう銘柄があったら各自の判断で売買してください。

(4日株価732円+8円) 買いゾ~ン832円まで 見切りライン699円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制