ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > アイキューブドシステムズ(M4495)

注目の厳選銘柄

アイキューブドシステムズ(M4495)

上場来安値まで下げてから動きが変わっています。業績は好調で今期も最高益更新予想。底入れしたここは狙い目!

昨年7月の公開以来、右肩下がりの相場が続いていましたが、下げ渋る動きに変わっています。
底値から大きく反転していないので底入れしたとはまだ言えませんが、チャートからは5/18の3980円(上場来安値)で底は入れた可能性だいです。
高値からの下落率は58%超に達しており、テクニカル的には売られすぎ状態となっています。

法人向けのMDM(モバイル端末管理)サービスで業界トップの「CLOMO」をクラウド型で提供しています。時流に乗った企業で業績は好調。
今3月期の第3四半期決算(5/12発表)は売上高14.51億円(前年同期比21%増)、経常利益3.80億円(同6%増)と増収益を達成しました。
これを受け、通期売上高を20.04億円→20.25億円(同23%増)に、通期経常を4.30億円→5.22億円(同30%増)に増額修正、最高益更新に弾みが付くと発表しました。

ところが株価はこれに下落で応えました。
小型株の地合いが酷かったうえに、第3四半期が売上高5.15億円、経常利益1.33億円となったからではないかと思います。
中間期が売上高9.36億円、経常利益2.47億円でしたから、利益の伸びがいまいと受け取られたのではないかと思います。
でも、この決算を受け、通期業績を増額修正したわけですから、第3四半期は予想より良好(あるいは第4Qがさらに良くなるケースも考えられますが…)だったことになります。

地合悪化で小型株が急落した時も他の銘柄ほど下げず、底堅い動きを見せていました。
あとはきっかけだけではないかと思います。
ここからの下値リスクは乏しいとみられるので、下げ過ぎたここは狙い目でしょう。
信用買い残が18.8万株と過大ですが、「貸し株」が100万株超出ています。需給は良好。
商いは相当細っていますが、昨日の売買代金は3043万円もあります。

(7日株価4590円+125円) 買いゾ~ン4750円まで 見切りライン3979円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制