ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > みらいワークス(M6563)

注目の厳選銘柄

みらいワークス(M6563)

業績は好調で今期も最高益予想。なのに上昇来安値圏と下げ余地のない水準まで下げています!

きょうの日経新聞の株式欄に「楽観論を疑う国内勢」との見出しで大きな囲み記事が出ています。
最後の文章を凝縮すると、「日本市場では外国勢の売買が7割を占める。外国人主導の上昇に国内勢が買い遅れるという現象はこれまで何度となく繰り返されてきた。「相場は懐疑の中で育つ」との格言がある。今の相場上昇に疑いの目を向けているだけでは、手痛い目に合うということにもなりかねない」。
以上です。
きょうも下値リスクが乏しいとみられる銘柄です。

昨年12月のIPO銘柄。
前日比変わらずを挟み、このところ5連騰と堅調な動きになっています。
大底からは少し上昇していますが、株価はまだ上場来の安値圏にあります。
地合いが酷かった8月中旬に上昇していたので、売りたい向きはあらかた売ったのだと思います。
ほとんどの投資家が損失状態となっていますので、戻り売り圧力は大きいと思いますが、相場がいい方向に動いて来ましたので、そのうち反転して来る公算大です(本日の日経新聞が「上げ相場でも利益上がらぬ個人」とのタイトルで囲み記事を出していますが、それは後で紹介します)。

業績は好調で最高益更新が続いています。
今9月期も売上高30億円(前期比31%増)、経常利益1.53億円(同22%増)と2ケタ増収益予想。
会社四季報のでは来期は売上高39億円(同30%増)、経常利益2.20億円(同43%増)と一段の拡大を予想しています。
設立は2012年。
2016年9月期から黒字に転換し急速に利益を伸ばしています。スケールメリットの発現から収益性は先行きもっと良くなるはずです。

本日は5連騰の反動が出る可能性もありますが、下げ余地のない水準まで下げたとみられるので、ここは狙い目とみます。
短期ではなく中期スタンスの銘柄です。
信用買い残は6.6万株と過大ですが、「貸し株」が6.4万株出ており需給に問題はありません。

(25日株価5500円+250円) 買いゾ~ン5700円まで 見切りライン4929円 100株単位

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制