ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > すららネット(M3998)

注目の厳選銘柄

すららネット(M3998)

高値から82%超も売られました。底入れしたここは狙い目!

8/18、「マーケット解説」でマザーズ指数は底を入れた可能性が出てきました。期待したいところですとコメントしました。そのとき推奨を予定していたのですが、推奨する前に上がってしまい推奨の機会を逸していました。
その後、小幅な調整を入れ反転の動きに変わったので、ここは狙い目とみます。高値から82.8%超も下落したので、底は入れています。これが最大の拠りどころです。

低学力の子供にも適応したオンライン学習教材を塾や学校、個人に提供しており、塾の開業支援も行っています。
コロナ禍でオンライン教育が注目され、昨年、猛烈に買われました。コロナショック後の安値から昨年10月高値までの上昇率は13.7倍にもなります。
この反動で好決算を発表しても好感されず、材料出尽くしから逆に売られる展開が続きました。下落は10カ月間も続きました。
しかしここへ来て動きは変わっています。十分下げたからだとみています。
下落率はこれ以上は下がらないといわれる「半値八掛け二割引き(68%安)の比ではありません。
パラボリック指数は陰転(=売りシグナル点灯)4日目となっていますが、一段安はないとみられるので、ここは狙い目でしょう。

6月中間期は売上高9.25億円(前年同期比36%増)、経常利益2.90億円(同49%増)と出色の内容。会社四季報の中間期経常予想が2.70億円ですから、予想を上回る内容。
通期業績は売上高19.20億円(同16%増)、経常利益3.60億円(同34%減)を据え置いていますが、進捗率からみて大幅な上振れが濃厚。
過去最高益は2020年12月期の5.48億円ですが、それを2期ぶりに更新の可能性も大ではないかとみています。
信用買い残が109万株ありますが、「貸し株」も144万株超出ています。需給は良好です。
売買代金は18.9億円と十分。
利益確定売りや戻り待ちの売りをこなしながら、徐々に上値追いの動きになる、こうみています。
なおPTSは2555円+5円、出来高300株となっています。

(9日株価2550円-91円) 買いゾ~ン2700円まで 見切りライン2164円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制