ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > さくらインターネット(3778)

注目の厳選銘柄

さくらインターネット(3778)

業績は予想以上で今期業績は5年前の最高益に迫る可能性も。期待値が低かった分、狙い目!

先週末、米国株は続落しましたが、3日に比べ下げ幅は限定的でした。次第に落ち着きを取り戻すのではと見ています。
きょうはさくらインターネット。7/30、「減益ながら決算は予想以上です」と選択肢銘柄として紹介していました。

決算(7/29発表)を受け下落しましたが、売り一巡後はすかさず戻す動きとなっています。基調が弱くはない証拠です。
全面安となった4日は安く始まってから切り返す強い動きになっていました。

2020年4~6月期は売上高52.70億円(前年同期比2%増)、経常利益2.16億円(同20%減)と増収、大幅減益決算となりました。中間期経常利益の予想が1.80億円(同44%減)でしたから、ある意味では出色の内容。
通期業績は売上高234億円(同6%増)、経常利益5.80億円(同26%減)を変えていませんが、進捗率からみて大幅な上振れが濃厚。
競争激化からデータセンター事業では解約が続いていますが、コロナ感染症を契機にリモートワークやオンラインビジネスを中心にクラウドサービスが好調で、売り上げは順調に拡大しています。
過去最高益は2016年3月期に記録した8.22億円ですが、今期はそれに迫る業績になる可能性もあります。

表面上の大幅減益にびっくりした向きは投げたが、決算を吟味した向きは買って来た、これが上げの背景でしょう。
最高益当時の高値は2110円です。時価はその3割弱にすぎません。業績の最悪期は通過したとみられるので、底入れしたとみられるここは狙い目でしょう。
信用倍率は4.61倍と買い長で買い残が101万株ありますが、「貸し株」が190万株超出ています。需給は良好です。
何故か買い物が集まっています。同じ見方をしている向きがいるのでしょうか。

(4日株価629円+4円) 買いゾ~ン680円まで 見切りライン582円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制