ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > きょうは急きょ、石油についてです

注目の厳選銘柄

きょうは急きょ、石油についてです

昨日のNYダウは592ドル(2.44%)安と急落しました。原油価格の大暴落が原因です。
きょうは資金プール銘柄としてこれ以上下はない見られるトヨタ自(7203)を紹介しようと思っていましたが、決算プレーまでは無理をする必要もないと思い、石油についてもう少し続けます。

WTIの原油先物相場(5月物)は昨日、信じれない下落を演じました。なんと上場以来初のマイナスとなったのです。安値は1バレル=マイナス37.63ドル(前日比55.9ドル安)。
売主が37ドル払って1バレル(=159ℓ)の原油を引き取ってもらった、こんな感じです。

コロナ感染を防ぐため世界で都市封鎖などが取られ経済活動がストップし、石油需要が急減。今、従来に比し1日あたり2000~3000万バレル需要が消失しているそうです。
そんな中、石油生産業者(特にシェール関係の)は生産を止めるわけにもいかず、仕方なくお金を払って引き取ってもらわなければならない。
ミルク生産業者が売れなくなったミルクを処分するときに取る手法を取らざるを得なくなった。今はこんな状況になっている、と石油の専門家は語っていました。

これにより多くのシェール業者のクレジットリスクが高まりダウが急落した、このような解説でした。
ただ6月限以降のWTIは下落したとはいえ、20ドル台は保っています。
コロナウイルスの収束に時間がかかり回復が遅れた場合、6月物にも売りが加速するリスクは残りますが、石油についても株価と同様、極端な水準まで売られたのではないかと見ています。
米国株についてはむしろ頑張った感もあるのでは…と見ています。

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制