ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > 注目の厳選銘柄 > あすの推奨銘柄はこの中から出ます

注目の厳選銘柄

あすの推奨銘柄はこの中から出ます

12日の決算発表もので期待できそうなものをまとめました。800社近い会社が発表していたのでチェックが雑になってしまいましたが、今回は簡潔にまとめました。
各社、業績は問題ありません。コメントしなけれなならない銘柄だけコメントしています。
あすの推奨銘柄はこの中から出ます。

それらは…
●ロードスターキャピタル(3482)…大幅増収益基調が続いており今期も最高益更新予想。株価は中段保ち合いチャートとなっていますが、煮詰まれば一段高が期待できそうないい形になっています。
PTSは1095円+80円(7.88%)、出来高7100株

●歯愛キャピタル(JQ3540)…高値を付けた後、大きく調整しましたが、ここへ来て下げ渋る動きになっていますそろそろ反転か、今はこんなところです。今回の決算で動きに変化が出る可能性も。
PTSは6500円+130円、出来高700株

●アクシス(M4012)‥‥昨年10月のIPO銘柄。上場来安値圏で底ばいの動きが続いています。決算は好調で今期も最高益更新見通しだけに、狙い目ではないかと思いました。出来高からみて売りは枯れており、あとはきっかけだけ。
PTSは4220円-200円、出来高700株

●トヨクモ(M4058)…昨年9月のIPO銘柄。上場来安値まで下げ、底ばいの動きが続いています。業績は好調で今期も最高益更新見通しです。これも売りは枯れており、あとはきっかけだけという状態。
PTSは2605円+95円、出来高1200株

●RAKUMO(M4060)…昨年9月のIPO銘柄。上場来安値の1701円まで下げた後、反転の動きに変わろうとしていますが、まだ大底圏。
業績は好調で今期も最高益更新見通しです。この銘柄も枯れ切っています。長期なら絶対買いでしょうょう。
PTSは2349円+123円、出来高3700株

●cotta(M3359)…2020年10~12月期経常は2.07億円(前年同期比143%増)と出色で、通期で計画している2.07億円(同35%増)を早くも超過達成。正月用の企画が好調だったこと、1/25から始めたバレンタイン向けTVCMが予想以上と(第2Qに入っているのに資料にはそう出ています)。
cotta単独の売上高は10月が前年比56.6%増、11月が40.3%増、12月が48.9%増、1月が52.5%増でと素晴らしく、4カ月累計では49.4%増。こうした効果で第1四半期の新規顧客数が19万件になったとのことです(これは前年同期の5倍を超える)。
テレビ放映費用を2021年9月期に計上するため、今、増額修正はしないとしていますが、大幅上振れ必至でしょう。信用買い残が91.4万株ありますが、「貸し株」も111.7万株出ています。
PTSは870円+25円(4.99%)、出来高16500株

●テモナ(3985)…増額修正で最高益更新に弾みが付く見通しです。株価は昨年11月の直近高値から4割超下落、テクニカル的に売られすぎ状態となっていました。底は入れていますので、動きは変わってきそうです。
PTSは1005円+16円、出来高13400株

●Speee(JQ4499)…昨年7月のIPO銘柄。業績は予想通りに推移しており最高益更新見通しは不変。上場来安値まで下げた後、底バイの動きが続いています。後はきっかけだけ。そんな状態となっています。
信用買い残が26.5万株ありますが、「貸し株」が98.1万株出ています。需給は良好。
PTSは2965円-90円、出来高200株

●日本工営(1954)…12月中間期が売上高466億円(同5%減)、経常利益▲4.26億円(前年同期は▲11.85億円)となったことを受け、通期売上高を1026億円→1176億円(同4%増に)、経常を29億円→54億円(同17%増)に増額修正。この環境下で増収増益を達成する見通しになっています。
株価はまだ底値圏にあり買い優位とみました。
PTSは2900円+129円、出来高100株

●チエル(JQ3933)…通期売上高を37.80億円→41.62億円(同30%)に、通期経常を3.61億円→5.0億円(同113%増)に増額修正、3期ぶりの最高益更に弾みが付くと発表しています。
株価はここへ来て下げ止まり底値圏での動きに変わっています。昨年10月の直近高値からの下落率は41%超。底は付けたとみられます。
PTSは1680円+162円(10.67%)、出来高9800株

●オプティム(3694)…過去何度も紹介した銘柄ですが、プライズの増額修正です。通期売上高を70~78億円→74~77億円(同10~14%増)に、通期経常を8~16.16億円→20~23億円(同670~786%増)に引き上げています。2017年3月期の最高益(6.82億円)を4期ぶりに一気に更新の見通しとなっています。
信用倍率は1.94倍と接近しており「貸し株」が82万株超出ています。需給も良好。
チャートからは狙いにくいと思いますが、業績から一気に行く可能性があります。
PTSは3545円+215円(6.46%)、出来高4100株

●ロコガイド(M4497)…昨年6月のIPO銘柄。上場来安値の2868円まで下げた後、底値圏での動きが続いています。高値からの下落率は67.3%。ちょうどこれ以上は下がらないとされる「半値八掛け二割引き」水準で底を打っています。
今3月期から連結決算に移行するため伸び率は出ませんが、売上高18.73億円、経常利益4.89億円と最高益更新を見込んでいます
あとはきっかけだけとなっています。
PTSは出来ず。

上記の中に眼鏡にかなう銘柄があったら各自の判断で売買してください

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制