ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > Market Eye > 本日もお疲れさまでした。

Market Eye

本日もお疲れさまでした。

04/17(木) 16:22

◇日経平均株価   13398.30+252.17  売買高 2兆3500億円
    値上がり1255 値下がり339 変わらず128

◇日経ジャスダック平均  1444.08+3.78 売買高 243億円
     
◇東証マザーズ指数     601.79+7.46  
      
◇大証ヘラクレス指数   972.75-2.51    

 本日の東京株式市場は続伸。大引けの日経平均株価は前日比252円(1.92%)高の13398円となりました。米企業の決算発表を受け米国株が上昇基調を強めてきたことで先行きへの不安が後退、金融株を中心に幅広く買われる展開となりました。今期の大幅減益観測が伝わったトヨタが当面の悪材料出尽くしと受け止められ上昇したことも地合いの改善につながりました。ただ後場は上値の重い展開。一気というわけにはいかないようです。
 日経平均はネックラインの13450円を抜けるか否か非常に注目されます。抜ければ2番底形成となり上値追いの展開になりますが、逆のケースではダブルトップ形成となります。売りで取るか買いで取るかわからなくなってきたのではないでしょうか。
 ついこの間まではマーケットが弱気一色になっていましたので、底値圏を売った人は大変な状況になっているのではないでしょうか。相場は大多数が思っている方向とは逆の方向に動きます。周囲に影響されてはなかなか儲からないはずです。
 ここでヒントをひとつ。
出来高の少なさを云々している向きがありますが、それは見当違いというものでしょう。底値圏から這い上がる局面では商いは増えません。相場がしっかりしてくるにつれ出来高は増えてきます。03年4月からの相場急回復局面でもそうでした。

<%image(analyze/hana02.jpg|480|300|)%>

↑ページTOPへ

銘柄相談Q&A 目次

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制