ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

Market Eye

企業情報

06/09(火) 09:19

[ニューヨーク 8日 ロイター] 
米半導体大手テキサス・インスツルメンツは、第2・四半期の利益と売上高の予想を上方修正し、半導体市場での需要の改善を示唆した。 TIはアナリストとの電話会議で、アナログチップが第2・四半期の成長の原動力になる、との見方を示した。 TIは、第2・四半期の1株当たり利益予想を0.14─0.22ドルとし、従来予想の0.01─0.15ドルから大幅に上方修正した。 また売上高予想を23億─25億ドルとし、従来の19億5000万─24億ドルから引き上げた。 ロイター・エスティメーツによると、アナリストの売上高予想の平均は22億1000万ドル。

★時間外取引で同社株は上昇しており、今晩のナスダック市場にも好影響を及ぼすものと見られます。

↑ページTOPへ

銘柄相談Q&A 目次

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制