ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > Market Eye > アクロディア(東マ3823) 貸し株による売りはほとんど儲かっていない状態!

Market Eye

アクロディア(東マ3823) 貸し株による売りはほとんど儲かっていない状態!

06/24(火) 10:46

ダブル・ボトム形成でしょうか。7割の大幅増収増益を発表したにもかかわらず株価は5割超も売り込まれ、年初来安値に沈んでしまいました。
急落の原因は貸し株を使った売り崩しが原因だったのです。貸し株のピークは5/30の8240株。その後、6/6に7717株、6/13に7126株と減少しています。当社では5/1以降の売り方の平均売却価格は32~38万円と試算しており、ほとんど儲かっていないとみています。
貸し株はいずれ返済しなければなりません。8300株しかない浮動株に匹敵する株数が売りに回っていたわけであり、これでは上がる株も上がりません。
貸し株を使った売り崩しは不公正な取引です。ホルダーの方が売らなければ前の高値くらいに戻るはずです。普通の貸借銘柄なら信用倍率0.0倍台の圧倒的売り投げ銘柄といっていいでしょう。貸し株の実態が分かったことで売り方は不利な状況に追い込まれるはずです。(株価312000円-8000円)

↑ページTOPへ

銘柄相談Q&A 目次

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制