ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > Market Eye > そろそろ不動産関連も良さそうです!

Market Eye

そろそろ不動産関連も良さそうです!

02/18(水) 14:13

昨日、会員欄で紹介していたものです。参考までに当欄でも紹介します。

    -  2009年 02月 17日 (Tue)  AM 10 時 26 分
昨日、上場不動産関連会社の役員と話していたのですが、不動産業界ではいま凄いことが起こっているようです。住宅ローンの金利が1%を大きく切ってきたこともあり、○○信託銀行の不動産物件には見学者が殺到しているとのことです。
法案はまだ成立していませんが、これから過去最大の住宅ローン減税も始まります。マンションメーカーでは資金繰りが最大の問題になっていますが、法案成立後は流れがガラッと変わってくる可能性も考えられます。
大林組(1802)や清水建設(1803)の株価が堅調な動きになっていますが、これは野村証券が投資判断を「中立」→「強気」に引き上げたことが原因。野村では建設事業の採算改善が進んでいることを高く評価したとコメントしています。先週にはモルガン・スタンレー証券も同様の理由で「強気」の格付けをしています。不動産・建設セクター(全部ではないでしょうが)は来期は収益回復期待から買われる可能性もありそうです。

↑ページTOPへ

銘柄相談Q&A 目次

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制