ログイン

お試し入会

銘柄相談

株式投資はSBI証券

JCブレイン投資顧問 > シュッピン(3179)

注目の厳選銘柄

シュッピン(3179)

出色の月次売り上げとなっています。2021年3月期は一転増益となり最高益更新となる可能性も。今期はさらに拡大見通し!

きょうは「攻め」の銘柄を予定していましたが、昨日のIRを見て同社に変更です。
月次売り上げが凄い伸びになっていました。
3月の月次売上高は40.78億円(前年同期比49.0%増)、うちEC売上高28.09億円(同40.6%増)と凄いものになっていました。売上高、EC売上高ともに過去最高を大きく更新。Web会員数も51.44万人(+5285人)と前月より大きく増えていました。
これで考えが変わりました。
因みに2月は月次売上高31.49億円(同10.5%増)、うちEC売上高21.47億円(同17.8%増)、Web会員数50.91万人(+4594人)でした。1月は売上高26.88億円(同0.8%減)、うちEC売上高19.11億円(同7.5%増)、Web会員数50.45万人(+4266人)でした。

同社はカメラを軸に専門性の高い商品の中古品や新品をネットと店頭で販売しています。
売上構成はカメラ67%、時計30%、自転車2%、筆記具1%となっています。
1月の0.8%減は2回目の緊急事態宣言発令で実店舗での販売が影響を受けたからですが、そんな中でもネットでの販売が増加、全体では前年並みの売り上げをキープしていました。

2020年4~12月期決算は売上高240億円(同8.8%減)、経常利益11.78億円(同23.8%減)と減収減益となっています。
通期でも売上高315億円(同9.1%減)、経常利益12.36億円(同28.8%減)と減収減益を見込んでいますが、2~3月の内容から上振れる可能性大でしょう。
逆算したら第4四半期は売上高で75億円、経常利益で0.5億円しか見込んでいないことになります。第3四半期が売上高97億円、経常利益6.30億円でしたから慎重すぎる予想です。
1~3月の合計売上高は99.15億円ですので、第3Q並みの利益が出るとすると、2021年3月期経常は18.08億円(同4.2%増)と増益に転じ、前期に続いて最高益更新することになります。

会社四季報は2022年3月期は売上高380億円、経常利益18億円と大幅に拡大し、2期ぶりに最高益を更新すると予想しています。
株価はコロナ急落前の水準をほぼ回復していますが、最高益更新の可能性大となれば、ここは狙い目でしょう。昨年1月13日に付けた高値(1325円)更新もあり得るのではと見ています。
取り組みは厚みを増しており信用倍率は0.96倍と拮抗、信用売り残は25.3万株もあります。このほか「貸し株」に出ている株が27.4万株。 需給面からも注目されます。
なおPTSは1159円+80円(7.41%)、出来高300株となっています。

(7日株価1079円-15円) 買いゾ~ン1220円まで  見切りライン971円

↑ページTOPへ

ご注意!!

当社の名をかたって未公開株などの販売を行う業者の存在が確認されています。
当社は未公開株の販売は行っていません。またパンフレットを送って契約を取り付けるような営業も行っていません。
ご注意ください。

投資情報の重要性

苦情処理・紛争解決体制